Enhanced Life based on Passion and Chance

石川英明のblog

パーソナルキャリアコーチ石川英明

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

最近のコメント

rss feed


Solphia財団代表理事石川英明が、
気の向くままにテーマを選んで思考を深めていくブログです。

平和な世界を作るのに、どんな手伝いができますか?

category : 未分類

これは、私がfaecebookで「平和な世界を実現したいから、みんな手伝ってほしいんだよね」って投稿したら、「具体的にどうしたらいいでしょう?」って質問をいただいて。

ホントに。とても嬉しいのです。

えっとまず。
僕がイメージしている平和な世界というのは。

社会から「争い」がなくなっています。
もっと具体的に言うと、武器がなくなっています。

もうホントにそれに尽きますかね。
それだけで、かなり世界は変わっていますからね。

残念ながら今はまだ「自衛のために武器を持つ」という必要性がある世界だと思っています。だから、今ある武器を批判する気はありません。

ただ、みんなの意識が拡張していって、変わっていった先に、
怖れる必要がなく、争う必要がなく、結果として武器いらないねって世界が出現すると思っていますし、
それは夢物語ではなくて現実的にそうなると思っています。
夢のような美しい世界が、本当に現実化するものだと確信しています。

じゃーですね。
「争いがない」というのは、どういうことかっていうと、
人々の心の中から、争いがなくなっているわけですね。

でも「争いが、ない」っていう否定形によって、
望む世界を出現させることはできません(この辺の理屈についてはまたどっかで書きたいと思いますが)

では、肯定形だとどうなるんでしょうね?

これがねー、実は僕もちゃんとイメージしきれてなくて。
だからこそ、こうやって問いをいただくことで、明確化していくから、
ホントにありがたいです。

ひとまず今出てくる言葉でいくと
「分かち合いたい人が、分かちあいたい人と、分かちあいたいだけ分かち合っている世界」って感じですかね。固いわ(´Д`)

もしかしたら国家間で分かち合っているかもしれないし、
家族の中で分かち合っているかもしれないし、
世代間で分かち合っているかもしれないし、
地域同士で分かち合っているかもしれないんですけど、
そんな世界ですね。

平和で豊かな世界です。

この世界を出現させるのは、ある意味においてはとてもシンプルです。
全人類が、1日1日を、そう過ごせばいいだけなんですよね。

一時期、facebookとかですごいシェアされてた
すし三昧が海賊を漁師に変えたって話。
あれってすごい分かち合いだと思うわけです。

で、僕ら一人一人ができること、そしてとてもそれは大事なことなんですけど、
日々の中で、出来る限りで実践していくことです。

例えば、無知を批判するのではなく、知恵を分かち合う。

例えば、電車でお年寄りに席を譲る。

あれね、ホントに不思議なんですけど、
席を譲るじゃないですか。
まぁ、立ってるより座ってる方が体力的にラクな感じなんですけど、
席譲った時の、自分が満たされて、漲る感じ。

自分の心の中に平和とか豊かさとか、愛とか、
そういうのがあることを本当に感じられて幸せです。

席を譲られた方のお年寄りもね、
ほっこりしますね。ほっこりするってのは、心に余裕が生まれます。
スペースができるんですね。

そういうスペースがあると、そのスペースでより広い事を感じたり、
考えられたりするようになります。

「ああ、今の若者も素晴らしいなぁ」
「今の若者の未来も素晴らしいといいなぁ」
「そう考えたら、次の選挙は、どういう選択がよいかなぁ?」
なんて、そういうのを考えるゆとりが生まれるんですよね。

こういうことが拡張循環していくことで、
確実に平和な世界は広がっていくんですよね。

これをやるときに、無理しないとか、
義務感からやらないのも大事だと思います。

ホントに疲れているときに「お年寄りには席を譲るべきだから、
席を譲る」って自分を縛りつけているとですね、

なんかちょっと恨みが募るんですよね。

「ゆずってやった」とかね。
「ゆずってやったのに、お礼のひとつも返してこねーなこのババアは」とかね。

そんな気持ちになるくらいなら、
自分が座って、体を休めた方が100倍いいだろうなぁって思います。

これ、コツがありまして。

「譲るべきだから譲る」んじゃなくて、
「譲るのが自分にとって自然だから譲る」って感じでいるのにはですね、

普段から、自分がどれだけ「もらっているか」を意識的にカウントしたりしてると、
これやりやすいんです。

「昨日も、トラブルあったの同僚に助けてもらったなぁ」とか。
「おじいちゃんが入社祝で買ってくれた時計、ホントに気に入っているんだよなぁ」とか。

こういうのをカウントしていっていると
「もらってお返ししたもの」もたくさんあるけど
「もらったけど、お返しできてないもの」もたくさんあるんですよね。

究極言うとね、蛇口をひねればお湯でシャワーあびれるとかだって、
自分で水道設備作ったわけじゃないし、
まぁ、もらいものみたいなものです。
ラッキーですよね、蛇口捻ればいつでも水が出てくる国と時代に生まれてね。

この「もらってるものカウント」が得意になってくるとですね、
まずまぁ、自分の心がちょっとほっこりします。
ゆとりが出てくる。

そうするとね、
人に何かを贈るのだって、わりかし自然な行為になってくるんですよね。

地道なようだけど、これが最速の道なんだと思ってます。僕は。
平和な世界を作るのにね。

そうやって生じた、ゆとりとかスペースで
「家族にももっと幸せであって欲しいな」とか
「同僚にももっとラクであって欲しいな」とか
「日本の他の地域の人も楽しく暮らせているといいな」とか、
そういうのを考えたり、調べたり、行動したりする。

それが昨日より1秒でも増えたら、
世界は、昨日より平和になってますね、ホントに。
去年より1分増えたら、相当平和になってますね。

そうやって指数関数的に、平和な世界はその姿を出現させて行くんですよね。

だからどうぞ、自分の存在の偉大さを受け入れて、
毎日、自分らしく生きて下さい。
本当に。それが心からの願いです。

Facebook Comments

2016/7/8(金) 22:50

Leave a Comment